ホームページを移転しました こちらまで→      http://www.hw-house.com/

世田谷区提案型協働事業 高齢者所有空き室有用活用                                                         「ホームシェア」講演会+あれこれ車座トーク3回開催終了

126日(土)11時よりホームシェア等々力の見学会を行いました!前々日から風邪を

ひいてしまい、、、まったく「声が出ない」状態での開催でみなさまには申し訳なかったでした。。。

当日はお天気も恵まれて「声が出ない」ところはメンバーに役をお願いしてのスタート!

ホームシェア等々力のお宅に着くと、ご夫婦揃ってで迎えていただきました。

4月にオープンし8か月目になり、3名のシェアメイトさんもも落ち着いている状態が

続いています。ちょうど出かける前のシェアメイトさんが居たので本日の挨拶をし、

元気な様子を目てとれ安心をさせてもらいました。

下記見学にいらした方からの感想をいただきました!!

昨日は、世田谷区恊働事業でもあるホームシェア車座トークの第3弾。

60代のご夫婦のご自宅裏の離れを使ったホームシェアのお宅を訪問。

異世代のシェア居住8ヶ月を迎える。

息子さんとご夫婦で長く住まわれた思い出の家とのと。                                普通の賃貸物件として貸してしまうと、愛着のある家も、庭も、樹木にも、                             自分が関われるところがくなってしまうのは、寂しいからとのことでホームシェアを選択。

昨年の協働事業で行なった「ホームシェア」セミナーがきっかけとなったとのこと。

はじめ、ホームシェアとは何なのかを理解していただくまで時間のかか    た                                                        オーナーさんではあったものの、今ではすっかりホームシェアオーナーの顔に。                           NPOさんのがんばり勝ち。

家の掃除をしたり、お花を飾ったり、洗濯物が道路側から                                                        見えないように柵をつけてあげたり。

会話など直接的なコミュニケーションでは適度な距離感を保ちつつ、                                                       飾ったお花だったり、玄関のクリスマスリースだったり、                                                       物を介したコミュニケーションもホームシェアならではの距離感。

空き家のうち約1/4は、こういう愛着があって手放せない空き家や、                                                              仏壇があるから残している空き家であると言われているけど、                                                              オーナーが一部介入する余地を残しつつも、                                                                 活用できると良いのではないかと思うところです。

ホームシェアあれこれ車座トーク3回目を終えて、みなさまの関心の高さは会を重ねるごとに                                                               高まっていると感じました!高齢者にとってもワカモノ・学生にとってもフラットでウィンウィンの                                                               関係を築き合いながら暮らし、、、多様な暮しを自分らしく作る楽しさも加わり、、、                                                            気取らず、ありのまま自分の暮しを、血縁に寄らない                                                              「ホームシェア」という暮らしで見付けるられると思っています。



12月6日 11時~ Let’sホームシェア見学

    Let'sホームシェア見学 

 

日時:12. 6. (土)  11:00~

集合:大井町線 等々力駅 10名

 

 

ホームシェア車座トークも3回目となりました。

今回は4月からはじめられたホームシェアの見学を行います。

ホームシェア生活も慣れてきたくらいの時期になってきたこと

だろうと思います。はじめられた同期やら実際にはじめてから

の家の様子、心配していたことはあったのか?用意いしたもの

などはどんなものか?ご夫婦での会話にホームシェア等々力は

どんなことをもたらしているのか?など聞かせていただきます。

 

場所は大井町線の等々力駅から5分!駅の周辺には昔ながらの

お店や日々の生活に便利なスーパーやコンビニもすぐ近くあり

ます。

こちらのホームシェアは建物が別棟なので、生活でクロスする

ことは無いですが、朝晩の挨拶やら誰かが帰ってきて明かりが

灯ります。若い住人を見守りながらの生活をはじまりました。

10月17日 ホームシェアオーナー対ワカモノと学生の対談 終了しました

3件のホームシェアオーナー4名と学生・ワカモノ4名で対談を中心に行われた!

それぞれに書き合った質問に答えるカタチとして、囲むように参加者も一体となって

考え自分の答えを持ち、やり取りを見守りながらの進行です。


K学生質問:コミュニケーションとは、週にどのくらい会話があるか?

Mオーナー回答 ほぼ毎日、挨拶。帰宅時の方が今日の出来事を話す。これは人柄によると思う。

共通項を選んで話すこともある


K学生質問:他にどういった話を近隣の方と話すか? シェアメイトについて?

Mオーナー回答みんな興味がある。 例えば、15夜はお盆にあたる。そうすると違う食べ物を

食べる等いった話があったり、ワカメスープは誕生日に食べるというのを教えてもらったが、

友達にいったらよくドラマに出てくるといって話が盛り上がった。


O学生質問:きっかけは?

Mオーナー回答:実家に完全独立にして二世帯を作った。独りになったあと、2階をシェアにしたいなと

思っていた時に園原さんに出会い、何も治すことなくできると聞いて。子供は面白がってくれたが親戚は

否定的もあった。


K学生質問:HSをはじめる前に当時、地域との関わりについて何か不満などあったか?

Nオーナー回答:関わりはあったし、特になし。変化もHSスタートあとも特にない。


K学生質問:友人はHSをしているのを知っているか?

Nオーナー回答:結構みんな知っている。 楽しそうと言う。


いろいろと質問もたくさん出て、オーナーからは異世代でのシェアはどう思うか?といった質問にひとり住まい

よりさびしくないという回答にいまどきの学生はさびしがり屋なのか?と気質も時代と共に変化するモノなんだと

変に感心しました。

書ききれないほど多くの意見や感想も聞かれ盛会の内に終了の時間となりました。



ホームシェアオーナー対ワカモノ・学生の対談 

 

日時:10. 17. (金)  18:0

会場:三茶しゃれなーど 50名

 

ホームシェアあれこれ車座トーク2回目を行います。

空き室を提供するオーナーと安価で借りたい若者や学生さんが

双方にメリット生みフラットな関係を築き暮らし合うためのメソットを

出し合うトークの場を作っていく初めの一歩と思ってます。

若者も学生もオーナーさんもこんな住まい方をしたいから始まる

自分ごとの「ホームシェアあれこれ車座トーク」ご参加ください

9月3日 『世界に広がるホームシェア』 終了しました

 今回はスピーカーとして日本大学文理学部准教授 久保田先生の講演とあって、会場には6時から参加の方々が

集まりはじめ、35名以上の方がスタート時には席を埋めてくれました。久保田先生の人気とホームシェアの関心の

高さが伝わってきます。


はじめに世田谷区住宅課課長の佐々木氏より挨拶、世田谷区の空き家の増加、昨年より空き家相談窓口を設置

したお話に続いて、久保田先生の講演。


家族の変化とライフサイクル:かつては大家族でい居住し、非家族も含む農業共同体モデルだったものが、

都市型となり夫婦が独立し血縁のみの家族が形成される。家族周期から青年期の一人暮らし、高齢期夫婦、離死別後の

一人暮らしの不安定な時期の生活をどうするかが問題であるとライフサイクルからの視点でもホームシェアが世界で

広がっているが伺る。

海外のホームシェア紹介ではホームシェアの事例も民族性や文化、大陸や歴史が関係していると感じ、ホームシェアを

利用している高齢者の年齢も高いことや対価に代わるサポートを条件となどの違いもある。

50分の予定が1時間ほどとなりました。


続きまして世田谷を中心に広がっているホームシェアの紹介としてハートウォーミング・ハウスの事例紹介となりました。

5年間前に調査し研究を行い実験を積み、実施を通して出来たのが今のホームシェアで、オーナーは若者と暮らすことに

楽しさと少しの貢献をし程よい良い関係が保っている。


しかし会場の質問では高齢者の空き室を安価で貸し出すのだからサポートの条件を設けるべきで、

「それがホームシェアではないか?」といった福祉寄りの意見や「住むだけではシェアハウスと変わらないじゃないか?」

といった意見までみられホームシェア法があるかのように思うほどです。


参加されていたホームシェアオーナーさんのお話では「シェアメイトとのコミュニケーションを楽しんでいて、今は何かして

もらうといった考えはないが、この先もっと年齢を重ねホームシェアをやっているとしたら、その時はあるかも知れない」

続けて「みなさんが思っているほど低い金額ではないが、それなりに頂いている」とも。もうひと方のホームシェアオーナー

さんは「家を丸ごと貸してしまうとわたしたちの家であっても何も関わることができないし。。。」など若者に暮らしの場の

提供をすることは同時に暮らし合う経験をもらい合うことでもあり、そこにお金が介添えすることで安定的に供給し続けること

へとつながることと思っています。双方にメリットを生む『新しい暮らしの仕組みをづくり』としてホームシェアを取り組んで

いるのだとホームシェアオーナーの声に力をもらいました。

 

 昨年イギリスで開催されたホームシェアワールドミーティングメンバーとして出席した時、スペイン出身アメリカ在住の

サンチェス教授の 『ホームシェアのマッチングとは単なるマッチングではなく、それは炎を起こす閃光のようなもの。

人生の豊かさと個性の経験を豊かにする物語となるものだということを認識するべき』と熱い言葉をしっかりと受け止めて、

Quality of Life人生の最後まで自分らしく生きる事に誇りもって生きているとのひとつが『ホームシェア』なんだと

胸に掴んだ日でした。

 

 

「ホームシェア」 ~新しいつながりのかたち~

 日 時:2014年9月3日(水) 18:00~20:00

 場 所:成城ホール 集会室CD(世田谷区成城6-2-1)
       小田急線「成城学園前」駅下車徒歩4分

     詳しくは、こちら

 講師:久保田裕之 氏

 主催:NPOハートウォーミング・ハウス

 

 

2014年8月18日(月)18時30 ホームシェアあれこれ車座トーク1回目   終了しました

 

8月18日18時30分からシェア奥沢で、ホームシェアあれこれ車座トーク『はじめましていつもと違く暮らし』を開きました。お一人は4月から家開き、ホームシェアオーナーになったオーナーさんの話を中心に行いました。そしてもう一人のオーナーさんは、わたしたちが5年前にホームシェアの調査研究を国土交通省・福祉医療機構より助成金のころから関わりホームシェアを3年も超えられての体験談をいただきまして、普段の生活、毎日の生活が楽しいものにするかは自分がどう思うか!なんだと改めて感じました。

 

このシェア奥沢は多摩美術大学の教授、堀内先生のお宅で築80年の古民家を平成25年度「世田谷らしい空き家等の地域貢献活用モデル」として採用された建物をお借りしてセミナーを開くことができました。それはというのも、昨年の11月に「本当のシェアとは・・・」という題だったと思いますが、この場所でオーナーさんとの出会いとなったという訳なのです。

 

 

以下は堀内先生のメモより引用させていただきました!

 

「ホームシェアは、お金ではなく、ライフスタイルのひとつ」
「自分の娘だと許せないことも、他人ならば許せるんですよね。」
「朝から笑ったのが久しぶり」
「3.11の時など、みんなで川の字になって寝られた。」
「衝突する、というのを新鮮な気持ちで解決する。」
「これが正解ということでなく、最終的には当事者同士が結論を出すこと。」
「自分の暮らし方を自分の責任で暮らしたい」
「米国では、500くらいのNPOがホームシェアをコーディネートしているが、日本では2つだけ。」

 

もう一方のホームシェアオーナーの飛び入りで参加していただき3人のオーナーのお話と建物の形に寄ってもシェア暮らしが違ってくるなど興味深いお話ばかりでした。

最後に参加者が28名と『満員御礼』となったこととてもうれしく励みになりました。

 

皆さまおいでくださり、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

「協働事業」に、採択されました!

平成26年度 世田谷区提案型協働事業の選定結果が発表されました。

 2014年6月11日、平成26年度世田谷区提案型事業の選定結果が発表され、

 NPOハートウォーミング・ハウスの提案する協働事業が、採択されました。

 世田谷区のページ http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/166/2309/d00005000.html

 

 事業名:「高齢者所有空き室ストック有効活用ホームシェアプログラム」

 事業種別:市民提案型

 協働する担当課:都市整備部住宅課

 

 

「空き家再生のリアル」

   ~高齢者空き家有効活用の実践から~

JIA 日本建築家協会関東甲信越支部 住宅再生部会・住宅再生セミナー

 

  日 時:2014年6月4日(水) 18:30~20:30

  場 所:JIA館1階建築家クラブ(渋谷区神宮前2-3-18)
       地下鉄銀座線「外苑前」駅下車徒歩5分
  受講料:1000円(学生:無料)

  講師:NPOハートウォーミング・ハウス 代表理事 園原一代

  主催:日本建築家協会関東甲信越支部住宅再生部会

 

JIA住宅再生セミナー

高齢者所有空室ストック有効活用 ホームシェア

2014年5月24日(土) せたがや福祉区民学会実践研究発表会

 

 日 時:2014年5月24日(土) 12:30~15:30

 場 所:日本体育大学世田谷キャンパス(深沢7-1-1)
      教育研究棟2階1201教室、1202教室
 内 容:世田谷区内の福祉実践活動に関するパネル発表・資料展示
 参加費:無料

 ホームページhttps://www.setagaya-jinzai.jp/society/news/info20140501094835/

 

 当日、第1会場 (1201教室) 1. 「人と人とのつながり・福祉文化」のテーマの中で、

 ホームシェアを紹介します。

あなたの空き部屋を貸し出すホームシェア

2014年2月8日(土)高齢者空き室ストック有効活用講演会

中部大学地域連携講演会 詳細はチラシをご覧ください

大雪のなか中部大学でホームシェア講演を行いました!

雪のため朝からキャンセルが出ているお話を聞き、、、

何人の方がお見えになるのかしら・・・と気をもみましたが、

50数名もきてくださり、感激!!

宮原先生には「世界のホームシェアの動向」のお話をいただき、

続いてわたしの番、壇上に上がると何分しゃべったのかわからなく

なるほど緊張!経験も十分ではなく、パワポの操作も不慣れで、、、

話したいことと手がバラバラに、、、、、

今回連絡や取次その他のサポートいただいた戸田先生と終わりか??

などの目の合図を送ったりとなんとか終わることが出来ました!

質問の時間には5名ほどのリアルな質問もいただき関心の

高さがうかがえました。

福井大学でホームシェア事業を起こし2件の事例をお持ちで、

中心となって活動している、福井大学の井上さんが駆けつけてくれて、

福井のホームシェアのお話を披露してくださり、緊張の中に

もうれしいハプニングも加わり、良かったなぁと。。。。

ありがたいですね!!
 

 

 

ホームシェアをよく知るセミナー

世田谷区提案型協働事業はこのチラシと大学用のチラシを作り、

世田谷区の各大学に先生を通じてなり事務局にお願いしてなどをし、

広報活動をしました。
みなさん「ホームシェア」オーナー参加型シェア居住については

一応に共感は持っていただき、少しつつながら、浸透のの気配を

感じて来ています。

 

世田谷区提案型事業ホームシェアのセミナを26日(木)成城ホール、27日(金)三茶しゃれなあどオリオンでそれぞれ、18時会場18時30分スタートで行います。

26日(木) 成城ホールD会議室

27日(金) 三茶しゃれなあど オリオン

「シェアで暮らせば世界が広がる」世田谷区主催

ご案内

世田谷区の住宅委員となって半年が経ちました。世田谷区住宅委員会の12期の議題でも空き家空き室がメイン「世田谷区空き家・空き室ストック有効活用に向けて」案です。世田谷区挙げて空き家、空き室活用の取り組みとしています!

 

空き室の方はNPOハートウォーミング・ハウスのホームシェア事業とリンクするところなので、来年早々には世田谷区住宅課主催で講演を行うことになっています。

 

世田谷区の想定では高齢者の見守りを兼ねたホームシェアを期待してまして、これの考えは当然だろうという理解はありますが、素晴らしく充実した福祉サポートと家族などをはじめとした連携が不可欠なんじゃないですかっと思ってます。

 

でもでも住宅委員会の提案にホームシェアが載ることでは、ニーズの高さと、高齢者所有お空き室ストック有効活用という観点では、わたしどもしてもうれしい限りです!

 

我が家を開けば世界が広がる・ホームシェア

日時:201316日(日)13:30...~15:00

相談会:  15:00~16:00

会場:玉川区民会館 4階 第1集会室

対象:区内在住の方

申し込み方法:世田谷区住宅課 電話 03 5432 2499

ホームシェア開催地地図・申し込み。問い合わせ先
うら.jpeg.jpg
JPEGファイル 427.3 KB
ホームシェアオモテ
ご案内ホームシェアセミナー1月6日13時30分
ホームシェア2013チラシ.jpeg.jpg
JPEGファイル 411.8 KB

月イチカレーの日 シェア友つくって世田谷に住もう!

~毎月30日18時から21時までやってます~

月一カレーの日毎月30日はカレーの日をやります。
シェアハウスをもっとよく知りたい人などなど、みんなでカレーを作って
食べて明日のシェア友つくろうぜぃ!(^^)!
シェアハウスの仲間をつくって世田谷に住もうというものです!
面白そうと思った方、どうぞ気軽に遊びがてら参加ください。

 

場所:寺子屋大吉家 北沢5-5-3
参加費: 1000円(アルコール+1000円)

シェア暮らしに特化した事業部只今準備中

シェアハウスは若者だけでもなく、またシングルだけでもないと 思っている。

そんな考えのもと、2ヶ月くらいまえ北沢ハウスの シェアメイトが、 結婚する

っと言ってきました。

 

それは「おめでとう!」聞いたこっちも幸せもらったようで嬉しい〜

そしてなんと、この住まいが気に入っているので、北沢ハウスに 住み続けた

いと 言ってきました。

 

それはそれで、嬉しいのだけれども、反面「狭いし、障子だし・・」

でも、前文でも言ったように、だれでもがシェアな暮らしを享受す ればいいっと

思っている方なので、それなら夫婦でシェアがOKな 物件をみつけましょうっと

約束をしてしまいました。 

 

シェアハウスに夫婦だって、そして子供が生まれて、 子育てのママ、 パパたち

のシェアハウスなんて更に素敵!

 

そんな思いと約束とが膨らんで、もっか寺子屋大吉家で不動産の 扱う 事業の

準備をしている真っ最中です。

 

暖かくなる春から始動しようと書類やら 、免許やらそして爆弾の お金をかき集

めています。

 

情報発信基地*寺子屋大吉家